レジスタントプロテインに期待できる効果とは

酒粕サプリ「和の酒粕」では、便秘の解消、美容効果、悪玉コレステロールの軽減などをお伝えしてきました

 

では、実際レジスタントプロテインに期待が集まってるのは何故でしょう?
レジスタントプロテインが秘めている驚きの効果効能を検証してみました。

 

こちらの成分解析が一番分かりやすいと思います。

 

  • 高脂血症、動脈硬化の予防・改善効果
  • 狭心症、心筋梗塞、脳梗塞の予防効果
  • 糖尿病の予防効果
  • 肥満抑制効果
  • 便秘改善効果・腸内環境改善効果

 

レジスタントプロテインは機能性食物繊維「ルミナコイド」に分類される

『機能を意識した食物繊維の総称「ルミナコイド』
日本食物繊維学会では、食物繊維を含め、難消化性・難吸収性で、消化管で 何らかの生理作用を持つ物質の包括的用語として「ルミナコイド(luminacoid)」 と提唱しています。その定義は、「ヒトの小腸内では消化・吸収されにくく、消 化管を介して健康の維持に役立つ生理作用を発現する食物成分」としています。 以下にポイントを解説します。 ルミナコイドの名称は、lumen(消化管)+accord(調和する)十 oid(の様 な物質)の意味が込められています。いわゆる繊維状の巨大分子とともに、低 分子でも吸収されにくい食物成分もルミナコイドとしています。 「消化管を介して」とは、主に大腸管腔内での生理作用と腸内細菌に対する 作用と、発酵生産物の管腔内外での生理作用を意味しています。この作用には、 整腸作用・コレステロールを含む脂質代謝や糖質代謝などに対するプラスの効 果・腸内最近叢を健全に保つプレバイオティクス(prebiotics)としての作用 などが含まれます。 また、食物成分であれば、動物性食品・植物性食品・微生物性食品、さらに
は食品から抽出や精製された成分・合成された食品に加えられたものなど(レ ジスタントスターチやレジスタントプロテインなど)でも、上記の特性があれ ば「ルミナコイド」としています。これにより、食物繊維に関する用語が、狭 義の「食物繊維」と、機能成分の全てを含む用語としての「ルミナコイド」に 整理されました。
日本食物繊維学会の論文から抽出

 

健康に必須の食物繊維

常々提唱されるバランスの良い食事の中には、食物繊維も含まれています。
が、現代の食生活は、食物繊維が非常にとりにくいのも事実です。
意識してサプリを取るなら、より効果を期待できるものが良いと思います。

 

ちなみに、昔聞いた講演で、パプアニューギニアの人は、1日7kgもの排泄量があると聞いたことがあります。
それじゃぁ、流れないよねぇと会場は大爆笑でしたが、これが食物繊維のたまものであることは言うまでもありませんね。

 

レジスタントプロテインサプリ今熱いのはこれ↓